ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
2018/09/18
9月14日。雨。滋賀の病院へ。ほんとは8月に行く予定だったのが、台風の影響や子供の体調不良やらで二度も予約をキャンセルしていた。ようやく行くことができた。足の装具の仮合わせをしてもらう。午前中は混むとのことだったが、今回もすんなり終わった。ここの病院は県立の中ぐらいの大きさのところだが、人が少ないせいかあまり疲れない。のんびりとした雰囲気でいい。あと子供の病気のことをちゃんとわかってくれているような気がする。この先も良い印象のままだったらいいのだが。
JRの普通で帰る。持ってきた『暗夜行路』の文庫本に集中できないので、ぼんやり窓の外を見る。瀬田川を渡るときに琵琶湖が少し見えた。妻に教えようとしたらすでに寝ていた。国道を走る車を眺めていたら、昔は仕事でよくこのあたりに来たこと、新築マンションの現場での仕事が多くて行き帰りがしんどかったことなどを思い出した。先日買ったコルボウ詩集にはこんな詩の一節があったのだが、まさにその頃の気分だなと思った。

能なしではあるが私はいつも
何かやってみたいと思っていたし
何もやれはしないことも 確実に知っていた
みんなと一緒に会社では
生き生きとしたふりをして
そして死んでいた

天野忠「声」より

[PR]
by kanabakari | 2018-09-18 00:42 | 雑記 | Comments(0)
2018/09/02 >>