ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
2018/08/22
8月20日。子供と京都市内の病院へ。夏休みの小児科は子供連れでいっぱい。予約していてもなかなか順番が回ってこないだろうと思っていたら、意外とすぐに呼ばれる。最近はどんな様子かと聞かれて、よく動くようになったと妻が答えると、先生は「ほう」と関心を示した。「寝転がって身体を回転させながらいろんな所へ行く」とぼくが言うと先生は笑っていた。ねずみ花火みたいに、と付け加えようかと思ったがやめた。先月はいなかった人懐っこい看護師が今月はいた。最近になって小児科にきた人で、初対面のときからどんどん話しかけてきて、あっけにとられた。ぼくらとは正反対のタイプだけど、わりと合いそうな気がする。この日は娘の鼻をスイッチみたいに何度も指で押していた。
診察がすべて終わり病院のタクシー乗り場に行くと、個人タクシーが待っていた。三遊亭円歌みたいな運転手でちょっと怖そうである。はじめは高島屋の前に行ってほしいと言ったが、河原町から阪急で帰ること伝えると、だったらコトクロスの所がいいと言う。お酒をよく飲んでいそうな大きな声。エレベーターの場所は知ってるか、となんども聞いてきた。もちろんエレベーターの場所は知っていたが親切な人でホッとした。四条河原町に着いて、トランクからベビーカーを引っぱり出していると、運転席から「急がんでええ」という声が聞こえた。てっきり料金を支払っている妻に言っているのかと思っていたら、後で妻に聞くと、「お父さん、急がんでええ」となんども言っていたそうだ。タクシーの乗り降りはいつも疲れる。リュック、トートバッグ、酸素ボンベ、ベビーカーを二人で分けて持ち、子供を抱いて乗り降りしなければならない。しかも四条河原町の交差点みたいにややこしい場所だと、のんびりしていたら後ろからクラクションを鳴らされそうな気かして、早く歩道に行かなくてはと焦ってしまうのだ。だけど今度からはゆっくり降りてやろうと思う。

[PR]
by kanabakari | 2018-08-22 23:14 | 雑記 | Comments(0)
<< 2018/09/02 2018/08/19 >>