ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
2018/08/18
8月16日。下鴨古本まつりの最終日には行けず。夕方、激しい雨が降る。夜、洗濯物をたたんでいるときに、ハッと思い出して妻に今何時か聞いたら、すでに九時を過ぎていた。ベランダから大文字がもしかしたら見えるのではないかと昼頃に考えていたのだった。子供の頃、京都市外からでも高いところからだったら小さく見えたことをおぼえている。「大」の字がずいぶん傾いて「大」には見えなかった。今年も見られなかった。が、それほど残念な気持ちにはならない。

8月17日。朝、ベランダに出て東の方向を見てみたが、同じアパートのB棟が見えているだけでとんでもなく見晴らしが悪い。いつも見ている風景なのにどうして見えると思ったのだろう。
娘、リハビリの日。リハビリの先生はいつも明るくて、子供の機嫌をとるのがめっぽう上手い。大人の機嫌をとるのも上手い。ぼくは他人の機嫌をとることなんてできない。自分の機嫌をとることもできない。妻はあの先生はきっとぼくより年下だという。どう見ても年上の人に見えるのだが、妻にそう言われてからは年下かもしれないと思うようになった。先生はニッコリ笑いながら娘に話しかける。娘もぶっきらぼうに返事をしている。滋賀の病院のことを聞かれる。レントゲンの結果を説明しようとしたが、二枚ならんだレントゲン写真のどっちが右足かわかっていなくて説明がしどろもどろになる。


[PR]
by kanabakari | 2018-08-18 01:54 | 雑記 | Comments(0)
<< 2018/08/19 2018/08/16 >>