ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
ばったり
午後から大阪。曇り空。途中で雨が降った。
天神橋筋商店街でNさんとばったり会う。こんなところでお会いするなんて。一色文庫、谷町の古書会館をまわってきたとのこと。買った本を見せてもらう。野坂昭如『東京小説』(講談社文芸文庫)。このあいだ、ぼくが野坂昭如の話をしたから買ったという。なんだかうれしい。
買った本を見せ合うのはたのしいけれど、よく考えるとヘンかな。だいの大人がうれしそうに、高かった安かった帯が破れてる。他人が見たらどう思うだろう。できることならば、ほほえましい二人だと思ってほしい。

家にもどり、野坂昭如『一九四五・夏・神戸』を読み終わる。空襲の描写に息をのむ。次は『行き暮れて雪』を読もう。
[PR]
by kanabakari | 2011-08-21 01:31 | | Comments(0)
<< 春の外套 おひとりさま >>