ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
川上澄生展
ロジェ・グルニエ『チェーホフの感じ』(山田稔訳、みすず書房)を読む。難しい内容かと思いきやとても読みやすくておもしろい。
神戸三宮にある後藤書店ギャラリーで開催中の川上澄生展へ。展示されている作品の数の多さに驚いた。見ごたえがあった。天草本・伊曾保物語を題材にした版画を見ていると、芥川龍之介が読みたくなった。2月13日まで行われているようなのでもう一度行ってみたい。
[PR]
by kanabakari | 2011-01-10 01:50 | 雑記 | Comments(0)
<< 伊豆の街道 丁度いゝのに限る >>