ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
小沼丹作品集
d0160921_1802827.jpg

ずいぶんまえに買った『小沼丹作品集Ⅰ』(小澤書店)を本棚から出してきた。
「村のエトランジェ」を読みはじめる。なんていい文章だろう。
最近、本がうまく読めなくてどうも調子がでないと思っていたが、これなら安心だ。小沼丹はいつ読んでもおもしろい。小説でもすっとその世界に入っていくことができる。
全集本は読みにくいというイメージがわたしにはあったが、この作品集は本の大きさと厚みの比率が絶妙で、手に持ったときのなんともいえない心地よさにはおもわず顔がゆるんでしまう。小沼丹のゆったりとした文章によくあっている。ページを繰るたびに英国の空気を吸いこむような、そんな気になれないこともない。
要らないお金があったら全巻揃えたいところだ。残念ながら今はこの1巻しかもっていない。

ホントは講談社文芸文庫のほうが読みやすいのかもしれませんがね。
[PR]
by kanabakari | 2010-11-13 18:45 | | Comments(0)
<< 因幡薬師 西方寺の阿弥陀さん >>