ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
古本屋名簿 古書手帖2011
三月書房で日本古書通信社編『古本屋名簿 古通手帖2011』(日本古書通信社)を買う。地図が載っていないので、この本を片手に古本行脚というわけにはいかないけれど、全国各地の古本屋の名前を見ているだけでもたのしい。気分としては日本全国寺社ガイドを見ているときに近いかな。
ほかにも欲しい本は山ほどあった。この店にいると大型書店にいるときより購買意欲が高まるのはなぜだろう。EDI叢書のまだ持っていない分は買っておくべきなのか。山田稔の新刊はいつごろ買えばいいのか。『京都画壇周辺』をレジに持っていったら、「おたく二冊も買ってどうしはるん」と言われるだろうか。悩みはつきない。
帰り道、ある古書店の前を通ると、店内にタロット占いのコーナーができていた。カーテンのような布で仕切られたせまいスペースに小さな机が置かれ、その向こうに易者の女性が新聞を読みながら客を待っていた。
[PR]
by kanabakari | 2010-11-11 00:55 | | Comments(0)
<< 西方寺の阿弥陀さん お寺まいり >>