ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
東北東南
永井荷風『摘録・断腸亭日乗』(岩波文庫)をすこし読む。
ラジオの天気予報に苦言を呈しているのが面白い。
《たまたま耳を傾けて聞くに、放送局員の天気予報をなすに、北東の風あるいは南東の風あるいは愚図ツイタ天気などといふ語を用ゆ。これ頗奇怪なり。われら従来北東南東などの語を知らず、東北東南と言馴れたるなり。またグヅツイタ天気というは如何なる意なるや。愚図々々してゐるといふ語はあれど、愚図ついてゐるといふ事はかつて聞かざる所なり。(中略)いかにも下品にて耳ざわり悪しき俗語なり。》
愚図ついた天気という用語は今でもよく耳にする。北東南東という言い方にも疑問をもったこともなかった。そう言われてみると、東北東南の方がずっとよく思えてきた。
[PR]
by kanabakari | 2010-09-08 22:11 | | Comments(0)
<< 『断腸亭日乗』をすこしばかり 菊池寛『貞操』 >>