人気ブログランキング |
ブログトップ
矩計日記 
kanabaka.exblog.jp
2019/05/01
午前中、娘の体調が悪いので病院へ連れて行く。近くの総合病院が連休中も三日間だけ外来をやっていたので助かった。近くといっても電車とタクシーを乗り継いで行く。できるだけ荷物を減らそうとしたが、いつもと同じ大荷物になる。
病院は思ったほど混んでいなかった。大きなテレビ画面に即位の儀式の様子が延々と映っていてみんな黙ってそれを見ている。なんでこんな馬鹿馬鹿しいことをしているのか不思議で、どこか違う国の出来事みたいに感じる。
診察を受けているときに、見覚えのある先生があらわれて「大きくなりましたね」と言われる。じつは去年の五月の連休もこの病院に来ている。そのときは連休の間ずっと入院することになった。去年とまったく同じことをしているのがちょっとおかしい。今回は入院するほどのことではなかった。昼過ぎに家にもどると、娘はすぐに寝た。妻と昨夜の残りの鍋をたらふく食べる。病院に行くと必ずといっていいほどお腹がすく。

# by kanabakari | 2019-05-02 02:57 | 雑記 | Comments(0)
2019/04/07
きょうは昼まで寝ていた。天気もいいので近所の桜を見に行く。静かな住宅街にある見事な桜並木。引っ越してきてから五年になるけど、桜を見にきたのは初めてだ。噴水のある公園でひと休みする。娘に桜を間近で見せようと抱き上げたが、ずっと不機嫌な表情をしているのが可笑しかった。写真を撮ろうとしても、ぐずってうまく撮れなった。噴水の音と娘の声がやかましい。
娘が風邪をひいていて、きのうはご飯をまったく食べなかったが、きょうはすこし食べた。去年もこの時期に体調を崩してミルクすら飲めなくなったので一週間ほど入院した。今年はミルクが飲めているので入院はしなくてよさそう。子供が入院したときのしんどさを思い出すとゾッとする。もうこりごり。
季村敏夫さんの『窓の微風―モダニズム詩断層』を毎日少しずつ読んでいる。再読だけどドキドキするほど面白い。昔から同じ本を繰り返して読むのが好きだ。何度でも読みたくなる本が本棚にあるというのは幸せなことだと思う。

# by kanabakari | 2019-04-08 03:01 | 雑記 | Comments(0)
2019/03/13
ひさしぶりの滋賀の病院。電車は行きも帰りも空いていて楽だった。ベビーカーに子供を乗せて電車に乗ることはなかなか難しい。世間では賛否両論があるらしい。そんなことぜんぜん知らなかった。なんとなく迷惑に思われているような気はしてたんだけど・・・。昨年の暮れだったか、十三で降りるときに満員でなかなか降りられなくてベビーカーごと電車のドアにはさまってしまった。そのときの乗客の視線はつめたかったような気がする。気のせいかもしれないが。
最初から満員だったら無理して乗らないけど、途中からだんだん人が乗ってきて満員になった場合はどうすればいいんだろう。ベビーカーをたたんで抱っこしろと言われそうだけど、それができない事情というのもあるんだ。こんなことばかり考えてたら、だんだん眠れなくなる。
そんなわけで、今年からヘルプマークをベビーカーにぶらさげている。たいした変化はないけど、赤くてとても目立つ。デザインも悪くないししばらくつけてみようかな。
滋賀の病院の先生、いつもは口数が少なくて物足りない気分のまま帰ってくるのだが、今回はけっこう説明してくれたのでちょっと安心した。どうも足の装具が効果がなさそうなので、手術をしたほうがよいとのこと。装具をつけてもすぐにずれてしまうので、あんまり意味ないなあと思っていたのだが、こうやってはっきり言われると、かえってすっきりした。でも手術はかわいそうだ。

# by kanabakari | 2019-03-14 02:08 | 雑記 | Comments(0)
2019/02/12
娘がはじめて言葉らしきものを話す。「いないいないばあ」をやっていたら「いないいない」の部分を真似ていた。でも二回ほど言ったきりだったので、ほんとに「いないいない」と言ったのか確信が持てない。もう一回聞かせてくれと、何度も「いないいない」を娘の前でくりかえすがますます言わなくなる。ほんとに言ったのだろうか。「同じ病気の子で九歳の子がいるけど、まだ何も話せない」なんてことを、先日病院の先生から聞かされていたのだが、もうすぐしゃべりだしそうな気もしてきた。
# by kanabakari | 2019-02-13 01:13 | 雑記 | Comments(0)
2018/10/22
10月22日。晴れ。朝、ベランダに出るとひんやりした空気。陽が差してくるとあたたかくなった。
朝から三人で出かける。月一回の大学病院の受診。タクシーの運転手が、きょうは時代祭だと話しかけてくる。話し好きな感じだったが、こっちが曖昧な返事をしていたのであまり話さなくなった。病院に着いた時点ですでに疲れている。
きょうこそは早く帰れるかと思ったが、夕方までかかる。疲れ果てる。会計を待ってるあいだ、長椅子で眠ってしまい、ながい夢をみた。

きのう、里見弴の『秋日和 彼岸花』を読みはじめた。とても愉しい。きょうは読む時間がないので明日つづきを読もう。


# by kanabakari | 2018-10-22 23:50 | 雑記 | Comments(0)